虫歯治療でお悩みの方

歯医者に行こうと思う、一番のきっかけが虫歯です。

歯に穴があいたり冷たいものや熱いものが沁みてきたりといった不快な症状が特徴です。ただ、初期の虫歯や慢性化した虫歯は症状が殆どないので気づかないことが多いでしょう。虫歯の治療法は虫歯の進行状況に応じて様々です。

 

 

1.初期の虫歯の場合

当然のように殆ど症状はありません。歯を乾かしてよく見ると透明感がなくなって白く濁ったような色をした部分が歯の表面にあると、それが初期虫歯です。ごく初期であれば、お薬を何回か塗るという方法で治ります。それより少し進んでいる状態であっても削る量が少なく浅いので、治療に麻酔は必要なく大体か1回で治療が済むでしょう。もちろん、白く見た目に元通りになったように治ります。

 

 

2.中程度の虫歯

当然のように殆ど症状はありません。歯を乾かしてよく見ると透明感がなくなって白く濁ったような色をした部分が歯の表面にあると、それが初期虫歯です。ごく初期であれば、お薬を何回か塗るという方法で治ります。それより少し進んでいる状態であっても削る量が少なく浅いので、治療に麻酔は必要なく大体か1回で治療が済むでしょう。もちろん、白く見た目に元通りになったように治ります。

 

 

3.末期の虫歯

これはもう何もしていなくてもズキズキいたい状態、もしくはその状態を気合で乗り切って神経が死んでしまった状態です。場合によっては、歯の根の先にまで虫歯の原因菌が侵入し、骨の中が膿んでしまっていることもあります。このような状態であると治療に時間がかかります。もちろん、歯を抜かずにすむようにじっくり時間をかけて細菌を除去・消毒していき痛みがでないようにします。その後、もう一度しっかり噛めるように歯を作っていくわけです。奥歯であれば通常は銀歯になります。白い歯を作ることも可能ですが、費用はかかります。

 

と、いうわけでダメージの少ない治療を行うためにはごく初期の段階で治療に入る必要があるのです。
もっといいのは虫歯にならないようにすることであることは言うまでもありません。
ただ、どうすれば虫歯にならないのかというのは、一人ひとり違います。
歯並びや食生活習慣、歯磨きの仕方、体調、年齢等など多数の条件を考慮しないとその方法は導き出せないのです。だからこそ、近頃の歯磨き粉やチューイングガムのCMで言われている予防歯科というものが大事なのです。