お子さんのむし歯

実は乳歯(子供の歯)は永久歯(大人の歯)よりも虫歯になりやすいのです。
しかも虫歯になった場合の進行速度は永久歯よりも数段速く気がつくと穴が開いていたということも珍しくありません。また乳歯は比較的痛みを感じにくいため、お子さんからの訴えがなくご両親が気づかないまま虫歯がトンデモなく大きくなっていたということも良く見られます。そしてある日突然、これがまた間が悪いとき(夜中やお正月、なぜか病院がしまっている時が多いですね)お子さんの「歯が痛い!」という泣き声で気がつくということが多いことはご経験があるかもしれません。

 

虫歯が大きくなってから、ましてや痛くなってからでは、どうしても麻酔をして削ってつめる治療は避けられなくなります。この場合お子さんに恐怖を感じさせることなく、もちろん痛くなく治療をするには、何回か歯医者に通ってもらい十分に歯医者に慣れてもらうことが必要となります。そう、お子さん自身が治療の必要性を理解して治療をすることが必要なのです。もちろん、痛くなく麻酔をする方法やお子さんが治療を頑張ることが出来る方法はありますが、何もしないうちから泣いているお子さんにお話を聞いてもらうことはかなり困難です。ですから、痛くない虫歯のうちにお子さんとしっかりお話をさせていただき、スムースにストレスなく治療を進めていくことが大事なのです。

 

お子さんの虫歯に関しては、先ずは絶対に作らないことが肝心です。
そのためには、お子さんを妊娠した時からのケアが必要です。それは先ずご両親の口の中に虫歯がない状態を作ることから始めます。ご両親に虫歯があるのに、お子さんに出来ないはずはないのです。もちろん、それでも虫歯が出来てしまった時は虫歯の治療でお子さんの心にトラウマが出来ないように丁寧に治療をしていきます。恐怖心の強いお子さんであれば、笑気ガスという気分をリラックスさせるガスを鼻から吸ってもらいながら治療をすることも可能です。しかし、一番お子さんにとって有益な方法は小さい頃から歯医者で虫歯予防を始めて、歯医者は怖くないところ痛くないところと認識してもらうことだと私は考えます。
間違っても、「歯磨きしないと歯医者さんで虫歯けずってもらうで!」と脅かさないで下さい。そういうお子さんは、歯医者に来ただけで泣くようになり、お子さんも悲しいですし私も悲しくなりますので。